« 教育が先か社会が先か | トップページ | 毎日が夏休み最後の日、みたいな生活の中で思う »

2009/08/30

自称逸般塵の不通の日記(110) 悪いコトは、えてして重なる法則

20090830_dscf3734_1s


カメラの電源をONにしても、入らない。
電池が消耗した可能性も考えて、
充電済みの新しい電池を入れてみたが、
やはり電源は入らない。

強制リセットのためにスイッチONのまま
電池を抜いて入れ直してみるが、駄目だ。
と、妙な匂いがする。
電池ケースのあたりから漂っている。

いや、電池収納部の奥からだ。
今までなかった、電気部品の独特の匂い。
故障っぽい。それも、電源周りの部品が
死んだでしまったかのような感触。

さすがに、ユーザーの手には負えない。
メーカー修理に出して、基板交換か。
かなりの出費が予想される。

モノは、いずれ壊れると分かってはいるが、
弱り目に祟り目。今回は、いささか辛い。
今の困窮生活の中で、どうやって修理代を
捻出していくか、頭の痛い問題だ。

とはいえ貧すれば鈍する。
今は知恵も回らぬ状態だ。
当然、名案が浮かぶはずもなく。
やれやれ。

|

« 教育が先か社会が先か | トップページ | 毎日が夏休み最後の日、みたいな生活の中で思う »