« 働いて食うサイクル | トップページ | 多分に気分的な問題なので »

2009.09.11

自称逸般塵の不通の日記(113) 秋らしい空の下で

20090911_epsn7843_1s


もともと多分に気分屋で飽きっぽい性質で、
ずっと職場に縛り付けられていたりすると
こっそり逃避を図ったりするくらいだから、
内と外の両方を行き来する仕事は性に合う。

のだけれどもその性質をそのままに生きて
きたものだから得意不得意の落差も大きい。
特に好きな分野は残念ながら仕事にならず、
たいていの仕事は“少し得意な分野”から。

ときたま妙に不得手な分野の仕事もあって、
かなり苦しんで時間を費やして仕上げても、
先方の評価も良くなかったりするのだけど、
そんなときゃ、そうさ逃げるのさ、散歩に。

如何ともし難い、やるせない気分を連れて。

|

« 働いて食うサイクル | トップページ | 多分に気分的な問題なので »