« 毎日が夏休み最後の日、みたいな生活の中で思う | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(111) 空肥ゆる秋 »

2009.09.01

たまには時事ネタ(55) 嵐の昼間に

20090901_dscf4332_1ts


ずいぶん投票率が高かったな。次回は知らんが。
「二大政党」は議席数が大きく変動したものの、
10議席未満の少数政党は殆ど動かず一安心した。
「どちらか」以外の選択肢は常に残したいから。

未明の開票速報番組の合間には台風情報が入る。
夏から一転して涼しくなり、窓を空けてみれば
雨の降り始め特有の濡れた土埃の混じった匂い。
この匂いを嗅ぐと、室内にいるのを有難く思う。

本能的に感じる安堵感。

--
そういえば、雨の匂いには、昔から敏感だった。
といっても雨の降り始めの濃い匂いではなくて、
降り始める前の、かすかな水分の匂いに対して。
雨になる1~2時間ほど前には、おおよそ判った。

以前は仕事で屋外にいる時間が長かったせいで、
そういう感覚には特に鋭くなったのかもしれん。

今は社会の安全網の上にいない状態でいるから、
むしろ違った意味での感覚が鋭くなってるのか。

|

« 毎日が夏休み最後の日、みたいな生活の中で思う | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(111) 空肥ゆる秋 »