« 貧すれば、どんどんズルズルと…… | トップページ | 理系用語で読み解く社会(57) 情報力学 »

2009/09/07

理系用語で読み解く社会(56) 侵食は進行する

20090907_epsn4347ts


ちょっとした窪みや岩の亀裂などが河床にあると
水が渦を巻いたり砂礫が入り込むなどした結果
さらに抉られ深く大きな穴ができてゆく。

パイプ内などに生じる浸食作用もまた同様であり
些少な凹凸や接合部など弱いトコロから始まって
大きく進行していくコトが多い。

小さな群より大きな群を好む生物も少なくない。
小さいと外敵により全滅する危険が大きいから。
大きければ少しは生き残れるだろう。

弱いトコロから削れていくのが自然の摂理。
ただしパイプが浸食されたなら交換すれば済む。
弱い部分は使い捨てになる道理。

|

« 貧すれば、どんどんズルズルと…… | トップページ | 理系用語で読み解く社会(57) 情報力学 »