« 自称逸般塵の不通の日記(112) 身体という資本への投資 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(113) 秋らしい空の下で »

2009/09/10

働いて食うサイクル

20090910_p6010069sqts


半分は自宅、半分は外で、という仕事のスタイルは
生活全般にメリハリがあって悪くないと思っている。
とはいえ、やはり仕事の都合は個人の都合に合わせてくれず
その自宅と外とのバランスが狂う場面も少なくない。

この仕事、時期によって変動が激しいのが難点だ。
閑散期には外に出る機会も激減してしまって都合が良くない。
というワケで、買い物や散歩などの口実をあえて設けては
自発的に外に出るようにしていた。

しかし、やはり仕事で外に出るのとは気分的にも違うもので、
自宅での仕事も、散歩くらいでは思っていた以上に捗らない。
しかも仕事が少なければ金銭的にも苦しくなってくるために、
どうにも懐具合が気掛かりで、楽しみも低減されてしまう。

結局、仕事の少ないときには余計に仕事が遅くなるという
正のフィードバックが働いてしまうような気がしている。
だからせめて、直近の収入には繋がらないまでも、
今後の仕事の幅を広げるような気で、動くのである。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(112) 身体という資本への投資 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(113) 秋らしい空の下で »