« 自称逸般塵の不通の日記(114) やるべきコトがいろいろある秋 | トップページ | 偏屈者の取扱説明書? »

2009/09/16

地上の縺れた矮星は不可視光で輝く

20090916_20080828627ts


自ら輝くほどのエネルギーをもたない矮星であっても、
自重で潰れてしまわない程度には圧力を持っている。
だからこそ、その姿を保っていられるのであって……、
自分自身に対しても、もっと優しくあった方がいいのかな。

それほど朗らかな性格でなく、むしろ偏屈者であるという点、
それもコンプレックスの原因の一つではあるろう。
シュヴァルツシルト半径を下回れば
どんな小物だとて自重に潰れる道理。

白っぽいモノは、より白いモノと比較して
はじめて白くないコトが分かる。
逆に言えば、周囲が白くない環境なら、
矮星だって白く見えるってもんだろうさ。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(114) やるべきコトがいろいろある秋 | トップページ | 偏屈者の取扱説明書? »