« たまには時事ネタ(59) 数字も語らず、訴えるのみ | トップページ | 昔の写真機で見つめてみる »

2009.10.24

自称逸般塵の不通の日記(122) 古びて色褪せていそうなフィルムを見付けたよ

20091024_img_1250_1ts


先日、シャッター音の話をしたもんだから、
ついつい懐かしくなってしまったのだろう。

数年間アルミトランクに入れたままだった、
古い一眼レフとモードラを引っ張り出した。

するとフィルムが、何本か転がり出てきた。
デジタル機を買ってから、忘れ去っていた。

当時も今と変わらない貧乏生活だったけど、
僅かな余裕を、デジカメに注ぎ込んでいた。

当時は、感剤費を節約したいと考えていた。
だからフィルムを趣味で使わぬように、と。

デジカメを全面的に使うようになって何年、
フィルムの使用期限も、とうに過ぎている。

感剤メーカーが業務縮小してしまった結果、
生産中止になったものなどは現像も困難だ。

フィルムには、それぞれの色彩があるけど、
ナマモノであり、ずっと保管しておけない。

今は、生産中止になった往年のフィルムの
数々が魅せてくれた色合を、思い出すのみ。

|

« たまには時事ネタ(59) 数字も語らず、訴えるのみ | トップページ | 昔の写真機で見つめてみる »