« 自称逸般塵の不通の日記(121) 自販機の衣替え | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(39) 教えたコトで教えられ »

2009.10.15

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(38) 水を飲みたがっている馬なら水場に連れて行けば飲んでくれるワケで

20091015_img_0099s


もともと本人が「どうにかしなきゃ」とか思っていたり、
徐々に変化の兆しが出てきていたりするようなケースは、
もう一押しが加えられるのを待っている状況ともいえる。

それは本人だけでは難しく、身近な他人が大きく役立つ。
小さなトコロでは個人から、大きな範囲では国や社会も、
しばしば、こんな感じで変化をしているように思われる。

本人や周辺の環境が整う様子を見極めて最後の一押しを
加えれば、小さな力で大きく事態を動かすコトができる。
その瞬間のベクトルを上手に制御すれば、方向性までも。

カメラを買おうとしている友人の背中を押したり、とか。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(121) 自販機の衣替え | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(39) 教えたコトで教えられ »