« たまには時事ネタ(58) 鉄の路は蛇 | トップページ | どっちもあって、いろいろある »

2009/10/06

苦手な夏の後だからこそ嬉しいのかもしれないが

20091006_epsn4974s


年間を通じて最も好きな季節に入りつつある。
前にも書いた通り、ドアの内外を問わず気温は
少し低めの方が性に合っており、これからが
まさに、そんな程良い気温になる季節である。

同時に太陽の高度が低くなって、光の具合も
柔らかな印象になってくるのが、また良い。
実際、過去の写真を見返しせば、低い角度の
光線を使ったカットは、かなりの割合である。

そういえば10月は誕生月。しばしば人間は、
誕生月の頃の季節を好むという俗説もあるが、
個人的には、それもあながち間違いではない。
厳密にいえばもう少し後の季節が好きだけど。

貧乏暇なしの生活は、当面まだ続く見通しだ。
けどこれからの季節、暇を見付けては散歩に
出掛けるなどして、気晴らししつつ過ごせる。
それだけでも、ひとまず歓迎すべきコトだな。

|

« たまには時事ネタ(58) 鉄の路は蛇 | トップページ | どっちもあって、いろいろある »