« 自称逸般塵の不通の日記(124) 秋の散歩道 | トップページ | 暗箱に針穴(2) 闇を隠すには陰の中 »

2009.11.03

暗箱に針穴(1) ゴーストなんか怖くない

20091103_img_1407_1s


このところ写真系の話題が多いので、
いいかげんシリーズ化しようかと、
遅まきながら思ってみたりする。
どこまで続くか知らんけど。

--
先の満月のとき、カメラ初心者の友人からのメール。
> 月の写真を望遠でとってるんだけど、
> 月のやや上に月の残像みたいなのが出るんだ。
> これなんだろう?

説明はアレだが、すぐ理解した。ゴーストだ。
彼は、これまで光源を画面内に置くような構図を
経験していなかったというワケだな。

「解消するのは容易じゃない。むしろうまく使え」
などと返してやった。

個人的には、ちょっと古い設計の、
標準前後の単焦点レンズのゴーストは、好きだ。
昔のコーティング技術だとオバケが出やすいけど、
レンズ枚数が少ないものだから、ヤツらも
けっこう分かりやすい姿で見えてくる。

あとはファインダーを見ながら追い込めば、
ほれ、画面にアクセントを添えてくれる。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(124) 秋の散歩道 | トップページ | 暗箱に針穴(2) 闇を隠すには陰の中 »

コメント

ちなみに本日のエントリで800件。
記念企画という意味もあるなと、
後から気付いたり。

投稿: y | 2009.11.03 01:08

この記事へのコメントは終了しました。

« 自称逸般塵の不通の日記(124) 秋の散歩道 | トップページ | 暗箱に針穴(2) 闇を隠すには陰の中 »