« 自称逸般塵の不通の日記(126) 社会の凝縮 | トップページ | 暗箱に針穴(10) 光陰は一瞬。矢よりも迅し。 »

2009/11/22

理系用語で読み解く社会(61) そう変化する瞬間は簡単には捉えられない

20091122_img_1348_1s


具体的に描かれているように見える将来像が、
実は根拠のない幻想だったのだと納得し、
諦めて現実と向き合う。

時代の変わり目といわれる時期に際しては、
一人ひとりが、そういう変化を、
それぞれの身辺で経験する。

当然ながら環境や性格などの個人差が大きく、
社会全体のベクトルが変わるまでには
相応の時間を要するものだ。

だけど、ある程度の変化が積み重なっていくと
閾値を超えたあたりから急激に
様相が変わってくる。

巨視的には不連続に見えるような現象だけど、
微視的には混在した状態が存在しており、
変化の瞬間を確定するのは難しい。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(126) 社会の凝縮 | トップページ | 暗箱に針穴(10) 光陰は一瞬。矢よりも迅し。 »