« 暗箱に針穴(19) 一期一会の散歩論 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(131) 年の瀬も押し迫った、ある日の夕方のこと。 »

2009.12.27

暗箱に針穴(20) 散歩進んで二歩進む

20091227_


行きつ戻りつ、していると、時間ばかり過ぎる。
もっと手前の方が良かった、と思える場面でも、
面倒がって戻らないコトも、少なからずあった。

だからというワケではないが、早めに動く癖を
つけるよう、普段から心掛けている。特に散歩。

ちょっと早いかな、というあたりで最初の撮影。
そこから寄りつつ、アングルを変えたりしつつ、
2枚目、3枚目を撮影していくコトが少なくない。

特に単焦点を使っているときには、これが有効。
後になって、撮った写真を見返していくウチに
どのくらいの寄り具合が良いのか気付いてくる。

|

« 暗箱に針穴(19) 一期一会の散歩論 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(131) 年の瀬も押し迫った、ある日の夕方のこと。 »