« 自称逸般塵の不通の日記(128) 幸せの真っ赤な紅葉は近所にありました。 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(42) 人はニーズのみにて生くるにあらず »

2009/12/12

所持品紹介(21) 帯どころか襷にするにも短いヤツ

20091212_img_2417_1s


とても短いマフラーを、ずっと昔から使っている。
半分に折ってさらに半分にすれば、もう手に乗る。

帯状にしたフリース地にボタンとボタン穴をつけただけのものだ。
自転車通学をしていた頃に思い付いて母に頼んで作ってもらった。

長いモノに巻かれたくないから、なんてワケではなくて、
長ったらしいのは邪魔だからというのが主な理由である。

上州名物の空っ風が越境してくる武州の水田地帯の真冬の早朝、
自宅から駅まで15分ほど自転車で走るのに、ずいぶん重宝した。

また深夜に一人、星空を見上げたりして
考え事をしながら歩くにも、役立ったな。

形状はシンプルだし短いから引っかかったりしにくくて、
とにかく長持ちしているあたりも非常に気に入っている。

今は東京都内に暮らし、ほぼ徒歩で出歩いていて、
しかも早朝から出掛ける機会は滅多になくなった。

もともと暑がりだというのもあって、ただ歩くだけであれば
このマフラーの出番もほとんどないのだけど、今も持ち歩く。

年に数えるほどしかない出番のために、このマフラーは
たいてい、コートのポケットに入れられたまま冬を越す。

同じくコートのポケットに入ってる帽子が、
毎度のように使われているのとは対照的だ。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(128) 幸せの真っ赤な紅葉は近所にありました。 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(42) 人はニーズのみにて生くるにあらず »