« 自称逸般塵の不通の日記(127) そうか師走か | トップページ | 暗箱に針穴(13) セカイの片隅でも生きている »

2009/12/04

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(40) 蓼食う虫も好き嫌い

20091204_img_0213s


生活するコトに対して必死になれない体質である、と、
このところ否応なしに思い知らされている気がする。
ナマケモノというか、ナマミのケモノのはずなんだが、
自分自身のためのコトには、どうも身が入らないねえ。

以前から「死ぬまで生きる」つもりではあるけれど、
生きるというコトについての定義が、なんというか、
働いてカネを稼いで生活をする、というのでなくて、
ヒトらしく考え続けるコトなんじゃないかと、思う。

いかに貧しくとも人間であり続けようとするならば、
いうまでもなく鈍せぬよう清くあらねばならないが、
でもやはり、それだけじゃ腹は膨れないものなので、
ロクに身が入らず実入りが薄いのは、いささか大変。

とはいえ実が食えなくても、代わりに芽だの葉だの、
そういったのを食って腹を満たすという道もあろう。
食うのも貧乏するのも、生きてなけりゃ味わえない。
実の代わりがヨノナカに余ってればのハナシだけど。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(127) そうか師走か | トップページ | 暗箱に針穴(13) セカイの片隅でも生きている »