« 自称逸般塵の不通の日記(129) 開放的になる冬 | トップページ | 暗箱に針穴(16) トリミングの功罪 »

2009/12/20

去り行く年は振り返らない

20091220_img_2426_1s


ただでさえ着膨れて周囲への配慮が疎かになってるが、
背中に垂れるマフラーやらコートのフードの行き先にも、
誰一人として気を配らない。

特に休日の夕方ともなれば紙袋を抱えた
クリスマス気分のカップルだとか家族連ればかりで
「ツレ」にしか意識が向いてないもんだから、余計に。

どうしたってヒトの視野は前方に限られているので、
背中で揺れ動く繊維に最も困っている人には
決して目が届かない仕組み。

そういう無数の無思慮無遠慮無配慮ばかりが
傍若無人に闊歩していくのがヨノナカ。
……とは、あながち無理なこじつけでもあるまい。

--
冷え込んだ深夜に友人宅からの帰り道、
久し振りに襟巻きを使った。例の短いヤツ。
背も低くて邪魔にならないのが、むしろ自慢できる。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(129) 開放的になる冬 | トップページ | 暗箱に針穴(16) トリミングの功罪 »