« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(45) 早起きは三文小説の得? | トップページ | 暗箱に針穴(21) 世界を車窓から »

2010.01.16

自称逸般塵の不通の日記(133) 狼狽しない春

20100116_dscf2845_1sqs


毎年、この蝋梅の季節になると、
撮りに行きたいと思うのだけど、
たいてい決まって行けず仕舞い。

好きな花なんだけど、
微妙に縁が遠い、
そんな気もする。

忙しくてドタバタしていたり、
カネがなくて遠出できなかったり、
いろいろ理由はあるけれど、

花は、また来年も咲くのだからと
焦らず慌てず次の機会を待つ。
うろたえたって撮れるワケでなし。

オロオロしていては逆効果。
ゴロゴロしていても動かない。
ウロウロしていれば、もしかしたら。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(45) 早起きは三文小説の得? | トップページ | 暗箱に針穴(21) 世界を車窓から »