« 自称逸般塵の不通の日記(132) 初日撮影会 | トップページ | 外は器用で貧乏で、中はドロドロ »

2010.01.04

所持品紹介(22) 服を選ぶ人、人を選ぶ服

20100104_img_2413_1s


仕事で取引先などを訪れる際には基本的に背広を着ていて、
冬になると、その上に黒の長い長いコートと帽子を着用する。
いいかげん中年になってきたので、近年では個人的な
用事でも、その組み合わせを好んで着るようになってきた。

たまに書いているように自称160cm弱の身の丈に対し、
貰い物なので、きちんと寸法を知らないのだけれど。
おそらく170cm以上の人に合わせた着丈のコート。
だから裾は靴のすぐ上まである。でも肩幅は丁度良い。

当然、階段の上り下りでは、段に擦れてしまいそうな長さ。
ちょっとした足捌きで、そんな裾を軽く翻すようにして、
踏んだりするどころか、段にも触れさせずに歩く。

それも、たいていは1~2段抜きで、ただしセカセカしたのは
嫌だから、あまり早足ではなく、ゆったりと大股で、かつ
足音をバタバタさせるのも好きじゃないので、ごく静かに。

たぶん、傍目には、違和感を覚えるのではないかと。
(といってもヒトの動作に関心を持たぬ人には
全く興味のないコトかもしれないが)

そんな器用な歩き方は、季節を問わないのだけども、
特に真冬には、これほど着用者を選ぶようなコートを着て
普通に歩けるくらいの器用さであるコトを、少し楽しく感じる。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(132) 初日撮影会 | トップページ | 外は器用で貧乏で、中はドロドロ »