« 試小説(5) ケータイ小説 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(133) 狼狽しない春 »

2010.01.15

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(45) 早起きは三文小説の得?

20100115_epsn0266s


たまには朝から起きて仕事するのも悪くはない。
ひんやりした空気は強めの覚醒作用を持ってる。

おかげで何か妙なストーリーが1本できてしまった。
ほんの1時間ほどで、ほとんど悩まず書き上げた。

で、出掛けるのも1時間遅れてしまったワケだが。

ただ、出来上がったのは、なんつーか柄にもなく、
妙に安っぽい、どうにも中途半端な現代小説風。

いや、現代小説なのかどうかも、よく分からない。
読んでる活字の中で小説の比率は少ないもので。

てなワケで。柄にもなく解題。人コレを蛇足と称す。

|

« 試小説(5) ケータイ小説 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(133) 狼狽しない春 »