« 誰か、は問わず | トップページ | 季節は巡るはずのもの »

2010.01.25

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(46) 押して駄目だからといって引けば正解とは限らない

20100125_dscf3933_2s


だいたい他人の行動など、思った通りになるワケがない。

でも、「期待しない」は、「信用できない」と、ほぼ同義。
そうではなくて、「良心に基づいて判断してくれるもの」
と期待するような考えを持って、接していきたいものだ。

その判断材料となる情報を伝えるコトは大切だけれども、
「ああしろこうしろ」とは、とてもじゃないが言えないな。
これじゃ相手に期待してないという態度になってしまう。

もし仮に「代わって判断してやるよ」という考えがある
とすれば、それは「奴には判断できない」というような
思い込みであり、どうみたって信頼する意図はなかろう。

生活のいろいろな場面で、けっこう気になっているトコロ。

|

« 誰か、は問わず | トップページ | 季節は巡るはずのもの »