« 外は器用で貧乏で、中はドロドロ | トップページ | Webへ出るなら書を捨てずに »

2010/01/06

器用貧乏なる一生

20100106_img_2781s


器用貧乏で、ちょっとしたコトなら一人でやってしまうから、
良くも悪くも一人でウロチョロする機会が多かったりして、
変人扱いされるのだが、さすがに中年ともなると慣れた。
もともと、それでいいと思っていたから、気にしない。

「そんなダラダラと生活していて、何か一つでもカタチを残せるのか」
なんて具合に、叱咤される機会もないではない。主に中の人から。

もし可能であれば、そんな「自分の作品」を、写真だの文章だの、
あるいは他の何らかの形態ででも、残してみたいとは思っている。

でも、人生あるいは自分自身というのも、また作品の一つ。
この先の筋書きは不透明だけど、テーマだけは決まってる。

いずれは誰でも気付く可能性のあるコトを、
わざわざ勿体振って遠回しに語ってたりする。

それだけの、簡単な、生き様。

そんなコトを一生かけて、やろうというのだから、やはり変人かね。

|

« 外は器用で貧乏で、中はドロドロ | トップページ | Webへ出るなら書を捨てずに »