« 所持品紹介(22) 服を選ぶ人、人を選ぶ服 | トップページ | 器用貧乏なる一生 »

2010/01/05

外は器用で貧乏で、中はドロドロ

20100105_20090101089s


身体や思考の器用さには、それなりに自信がある。
でも、単に器用なだけでは、何か足りない。

それこそ器用貧乏というトコロだ。
一芸に秀でているというワケではないから。

それはたぶん、性格的な問題があるとも思う。
とても多くのモノゴトに好奇心を抱いているから。

オトナ的な感性でモノゴトに触れるとすれば、
遠からず脳裏に新たな知恵を導き出せよう。

コドモ的な感性でモノゴトに触れればそれは、
きっといつか身の内で新たな感覚を生み出す。

この、両方の感性が、ときに絡み合ったり、
ときに競合して、いつもフラフラしている。

我ながら、なかなか複雑な食感であるなあと、
いつも味わいながら強く実感している次第。

|

« 所持品紹介(22) 服を選ぶ人、人を選ぶ服 | トップページ | 器用貧乏なる一生 »