« 自称逸般塵の不通の日記(136) 缶詰開始 | トップページ | 理系用語で読み解く社会(63) 「休眠終了のお知らせ」 »

2010/02/06

自称逸般塵の不通の日記(137) 春を迎える前の準備

20100206_20090405271s


缶詰といっても、24時間ずっと自宅から出ないワケではない。
気分転換に散歩をしたり、ちょっとした買い出しに出たりと、
むしろ積極的に外に出でいくのが、通常の缶詰生活パターン。

数日分の食材の買い出しに出て、ついでに少し遠回りをして、
近所の寺の境内など、ブラリと入ってみた。

枝垂桜の蕾が、今にも弾けそうなほどになっている。
それこそ週明けには咲き初めるくらいの頃合いであろう。
途中の公園のソメイヨシノは、まだまだ固い花芽であったが、
それでも春本番への準備は草花の中で着々と進んでいて、
遠からず満開の花の季節が来るコトを伝えてくれる。

昨年の、あの花の様子を思い出す。

さて帰ったら着々と仕事を進めよう。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(136) 缶詰開始 | トップページ | 理系用語で読み解く社会(63) 「休眠終了のお知らせ」 »