« 「爪うめー」っていうなら、ともかく | トップページ | 器が小さいから要領不足? »

2010/02/24

自称逸般塵の不通の日記(141) 春の恒例作業

20100224_img_3109_1s


いや実際、爪に火を灯すような
生活をしているもんだから、
その爪を囓ってる余裕なんて
あるはずもないのですよ。

確定申告の書類を用意していて
昨年の収入の落ち込み具合、
そして還付金の低さに、
精神的にも落ち込む。

そして今年、どうなるコトやら。
2月には異常な多忙だったので、
3~4月の収入は期待できるけど、
貧乏生活脱出には遠い見通し。

その先の仕事の入り具合も
また不透明なもので、
むしろ再び低水準になる
という懸念も大きい。

これまで以上にキッチリと
仕事の納期や品質を改善して、
次に続くように期待するのは
もちろんだけど……

やはり新たな分野での仕事も
開拓するよう模索を続ける
しかないのであろう。
何か、掴むコトができるか。

|

« 「爪うめー」っていうなら、ともかく | トップページ | 器が小さいから要領不足? »