« 自分で自信をなくしていく原理と、その対抗策について | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(142) 春を尋ねて三千㍍超(たぶん) »

2010.03.15

鵜呑みにして消化不良

20100315_epsn8003_1s


何が欲しいですかと質問するのは、とても間抜けなハナシ。

欲しいモノが決まっているならば、より好い条件を求めるのみ。
そうでなければ、何を求めているかさえも明確にはイメージできぬ。

いずれにせよ「より良く、より安く」といった単純な声しか返ってこない。
はいそうですかと単純に応じるだけでは、新しいモノは作り出せない。

良い意味で期待を裏切るようなモノを作り上げるための叩き台、
というくらいに考えておいた方が、良いのではないかと思う。

でなけりゃヒトが仕事してる意味がないんじゃないかと。
ヒトを相手にしている以上、ヒトのアタマを使わねば。

もちろん、それは製造業に限ったハナシじゃない。
サービス業も、行政や立法の連中も同様だろう。

皆が喜んでアタマを使う仕組みを考えたい。

|

« 自分で自信をなくしていく原理と、その対抗策について | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(142) 春を尋ねて三千㍍超(たぶん) »