« 自我自賛? | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(152) 帰国困難者という生活? »

2010/04/25

活性賛阻?

20100425_20090312239s


何かに押しつけて溜飲を下げるばかりの人々には、
週刊誌やワイドショーのようなものも役立つのか。
……とは思うのだけれど、いやはや。個人的には
好きになれない、というか理解し難く眺めている。

太平洋の対岸の統領の掛け声は自分自身も含めて
皆で動こうという意識を前面に出していたけれど、
レストランの客が出てきた料理に「チェンジ」と
文句をつけているようにしか聞こえない列島の声。

あまつさえ評価できるトコロが何一つないとでも
言わんばかりに絶対的な非難めいた見出しの数々。
何もせず文句だけ言えば結果に繋がるのだろうか。
正直なトコロ、見苦しい姿に思えてしまうのだが。

「MITTOMONAI」を忘れた日本人、とu君は言った。
「MOTTAINAI」が世界的な流行語となったものの、
その感覚は一歩間違えれば「しみったれ」である。
醜くならぬよう気を配るコトも忘れてはいけない。

なにしろヒトは不安や不満や不足などに根差した
欲求に対しては非常に脆弱な精神しか持ってない。
だから容易に短絡近視眼的自己防衛状態に陥って、
とにかく他者を排斥する行動に出てしまいがちだ。

不都合な情報は受け入れないとか苦手な相手には
会わないなんてのは自己に内在するリスクに目を
向けぬコトでもあるから脆弱性にも繋がってくる。
破綻するより先に気付いておければ良いだろうに。

個人的には現状、必ずしも最悪ではないと考える。
良くない点は少なからず残っているし一部だけを
注目してみれば悪化しているトコロもあるけれど、
それでも別の観点では改善された部分も見られる。

こんな良さそうな先行きの印象というのはしかし
一見すると良くなさそうな情報を山ほど眺め渡す
ウチに漠然と見て取れてきたりするものだったり
するものだからヨノナカというのは興味深いよな。

|

« 自我自賛? | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(152) 帰国困難者という生活? »