« 卑下と保身? | トップページ | たまには時事ネタ(64) それでもデモを行うかい? »

2010.04.16

同じ損ならモンスター?

20100416_img_3427_1s


もちろん一方でヨノナカというのには有象無象が存在するもので、
本当に善意を期待できそうにない相手も実在するのは確からしい。

教育機関を単なるサービス業としてのみ捉えている怪物ホゴシャ、
鉄道用地内に勝手に入り込んだ挙句に三脚を立ててたりする鳥鉄、
たかが数百円の運賃でも遅延すれば駅員に掴みかかる背広会社員、
自分のクルマはピカピカにして道路に吸い殻を捨てる日曜運転手、
部下や子供やペットが命令に盲従するなど当然だと信じている人、
ソレこそ枚挙に暇がないワケではあるが氷山の一角なのだろうか、
それとも逆に僅か一部の悪例だけが目立つような原理なのだろか。

おそらく一歩間違えば内側の自己不信が外向きに反転して突出し、
こんなふうになってしまうのであろうとは想像に難くないのだが、

結局のトコロ何かを信じられない状態にあるときヒトというのは、
妙なほどに攻撃的になったり排他的だったりするものなのだろう。

きっと「信じる者は救われる」のだろう。本人よりむしろ周囲が。

|

« 卑下と保身? | トップページ | たまには時事ネタ(64) それでもデモを行うかい? »