« 自称逸般塵の不通の日記(159) 例によって先の見えにくい日常 | トップページ | 科学系ヨタ話(13) 広報活動の後方にある活動や如何 »

2010.05.12

自称逸般塵の不通の日記(160) ある小雨模様の日

20100512_epsn5827_1s


仕事なくてプラプラするコトに決めた日。
床屋に行って、あとは読書と思ってたが、
未明には友達と朝まで長電話して過ごし、
翌日は昼頃に別の友達から電話を受けた。

夕方、自宅を出て歩き出せば、そこかしこに
咲き誇るツツジの香りが街中を満たしている。

床屋に寄ったところが、臨時の休みだったので、
また別の友達と落ち合って喫茶店で喋り続ける。

そういえば最近、神保町の書店街や
秋葉原の電気街を、歩いてないなあ。

基本的にヒトゴミなど大の苦手だけれども、
ごくたまになら、眺めて歩くのも悪くない。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(159) 例によって先の見えにくい日常 | トップページ | 科学系ヨタ話(13) 広報活動の後方にある活動や如何 »