« このクニのカタチ・暗黒面 扇動するのも簡単だ | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(162) 閑中忙あり »

2010.05.15

自称逸般塵の不通の日記(161) 盛春の新緑の木陰の模様

20100515_20100513770s


新緑の時季には木々の間に入り込みたくなる。
花も、梅桃桜の類は終わったが躑躅や菖蒲に
藤や山吹など、むしろ今こそ多彩に咲き誇る。

そんな新緑の野山に、誘い誘われつつ出歩く。
寒暖湿潤程良い陽気は歩き回るにも適度だし、
連休中よりは行楽の人手も多くないのが良い。

そして歩き回って疲れて帰って食って眠って、
スッキリ目覚めて、憂いを忘れてしまうのだ。
身体を疲れさせると、脳も一緒に回復させる。

|

« このクニのカタチ・暗黒面 扇動するのも簡単だ | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(162) 閑中忙あり »