« 些細な差異への軽快な警戒感 | トップページ | ヒトを駆動するチカラ »

2010.05.25

だからどうだというワケでもないが、日々の移り変わりは楽しい

20100525_img_3982_1s


仕事が乏しく収入も芳しくない生活は、もう1年以上も続いている。
おかげで遊びに出る機会も多くないし、生活の上でも我慢が多い。
そんな理由もあって行動意欲は低下気味だし、何をしようにも
なかなか上手く行かない状態に、しばしば陥ったりしている。
けれども今このような状態だからこそ、可能なトコロから
地道に、着実に、少しずつ着手していこうと、思ってる。
ダメなときに、いきなりスゴいコトをしようったって、
たいてい失敗に終わって、余計ダメになってしまう。
腹いせにと「戦犯」なんぞを槍玉に挙げてみても、
ダメな状態が改善されるというワケでもないし、
むしろ余計なトラブルを招いてしまいがちだ。
そんなコトより少しでも現状の改善を図る
方がよほど世の為人の為になるだろうに。
たかがヒト個人ごとき「万死に値する」
罪などないと個人的には思っている。
さっさと死を与えてしまうよりも、
その後寿命尽きるまでの経過を
ひたすら見せ続けてやる方が、
もちろん苦痛も大きかろう、
悔悟も深まるだろうし、
救いも得られるかと、
そう期待している。
敢えて苦しもう
なんてつもり
ではないが。

だからせいぜい死ぬまで生きるつもりでいるのだ。

|

« 些細な差異への軽快な警戒感 | トップページ | ヒトを駆動するチカラ »