« 暗箱に針穴(25) 三人寄れば、もうちょっとの知恵 | トップページ | 各駅停車の乗合列車 »

2010.05.18

非同期な友達

20100518_img_0272s


年々、少しずつ友達の年齢の幅が広がってきている。
特に、ここ数年では年上の友達が増えたように思う。

もともと大家族の一員として育ってきたし、親族も
年始などには20人くらい集まるのが当然だったから、
当然ながら話相手の年齢層も、昔から多様であった。

それが学校生活を経て同年代との付き合いが中心と
なって、社会に出てからも同期・同年代・同窓など
といった関係が、人付き合いに影響を及ぼしていた。
かつて飲み歩いた同僚の多くは、前後数歳の範囲だ。

最近では友達の友達と親しくなったり、遊び仲間の
グループが広がったりして、そういった年齢の枠は
大きく広がり、前後20歳くらいになってきたようだ。

レンタカーを仕立ててドライブしてきた仲間たちも、
現地でライブを催した音楽家たちも、年上の友達で、
出雲路で一緒に歩いたオトーサンオカーサンなどは、
おそらく一期一会だとは思うが、妙な親近感がある。

年齢だけではない。出自や経歴、趣味の違いなども、
いろいろと話題広げたり深めたりしてくれるもので、
今まで持ってなかったような観点を得られたりする。

無理にも矢理にも付き合いの幅を広げる必要なんて
必ずしもないだろうけど、自然に広がるのは歓迎だ。

|

« 暗箱に針穴(25) 三人寄れば、もうちょっとの知恵 | トップページ | 各駅停車の乗合列車 »