« 雨乞いの理由 | トップページ | 日常生活的業務 »

2010.07.06

ところがアルコール燃料ではないらしく

20100706_img_1234_1s


仕事への「やる気」とは、
どうやら液体燃料のようなものらしい。

液体だから縛っておけぬ。
本人の器に収まる分しか入れておけぬ。

でも使えば徐々に減って、
どこかで補充してやらないといけない。

そして揮発性が高いから、
暑いと、すぐに蒸発して失せてしまう。

しかも流動性に高いので、
暑くなくても流れ出してしまいやすい。

でも凝固点も低くなくて、
冷えたりすれば固化して使えなくなる。

空気中の水分も吸収する。
だから蒸してる日には燃焼効率が悪い。

あるいは腹が減ったとか、
落ち着かぬ状況でも安定して使えない。

なにしろ保存性も悪くて、
変性してしまうコトも少なからずある。

仕事ではなく他の対象に
向かって動き出したりも、してしまう。

……

仕事直前に注入する手段を用意するか、
自分で使う分を自身で作っていくとか、
そういう方法しか、ないのかもしれん。

|

« 雨乞いの理由 | トップページ | 日常生活的業務 »