« このクニのカタチ・小田舎地方都市 | トップページ | やる気、やらん気、やった気、きかん気 »

2010/08/11

自称逸般塵の不通の日記(179) 汗が出るのは仕様です

20100811_dscf4175_1s


連日のように外出した先週は何処へ行っても暑かった。
出張に出れば、その日に限って東京よりも現地の方が
暑かったりする始末だもんだから、諦めて耐えていた。

そうかと思えば外出をしない日に限って涼しかったり。
自宅でなければできない作業が少し溜まっていたので、
外からの涼しい風を頼りに一通り片付けていったけど、

……なんとも、微妙なハナシではある。

--
ちょっと暑いだけでも、ちょっと動けば汗をかく体質。
だいたい梅雨に入った頃から秋の長雨が終わる頃まで、
発汗との縁は切れないものだから、仲良くする他ない。

せいぜい外見が見苦しくならないようにと髪も顎髭も
年間を通じて短く刈り込んだまま維持しているけれど、
あとは、こまめに着替えて洗濯して清潔に保つ程度だ。

そりゃぁ汗だくになるのは嬉しくないコトではあるが、
まあ暑い中で動き回って汗をかいた日などはビールが
旨いし、シャワーを浴びればさっぱり感も違ってくる。

気温によって食物の好みまで変わってくるものであり、
たとえば30℃を超えると(レトルトの)キーマカレーが
常食になったりするけれど、普段はあまり食べてない。

逆に最高気温が30℃を下回ったりする日などがあれば、
梅雨明け頃までの常食だった「スクランブルベーコン
&目玉焼」など、まさに久し振りに食べたのであった。

まあそんなトコロも含めて、季節に応じて味わうのだ。

|

« このクニのカタチ・小田舎地方都市 | トップページ | やる気、やらん気、やった気、きかん気 »