« 出張旅行記(35.9) 南奔北走、帰途 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(192.168.0.1) 天高く懐肥ゆる秋になるといい »

2010.09.15

道を知るべきコトバ(18) かつて敷かれていたが失われた鐵の道

20100915_img_4808_1s


いつまで経っても、ここから出る列車などない「愛国」駅

今は線路がないけれど
道路ならあるのだから
車ででも行けばいいさ

道路がなかった頃には
歩いて行った人もいた
それだけのコトだろう

わかりやすい比喩だよ

いつまで待っても、そこに到着する列車のない「幸福」駅

|

« 出張旅行記(35.9) 南奔北走、帰途 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(192.168.0.1) 天高く懐肥ゆる秋になるといい »