« 出張旅行記(35.3) 南奔北走、中盤戦 | トップページ | 出張旅行記(35.9) 南奔北走、帰途 »

2010.09.13

出張旅行記(35.6) 南奔北走、後半戦

20100913_img_4799_1s


今夏二度目となった帯広では、車で移動するコトにした。
駅前の宿から出て、駅前でレンタカーを借りて走り出す。
この日のアポイントは午後だ。のんびり移動して空港へ。
せっかくなので「幸福」「愛国」駅跡地など巡っていく。
空は広く畑も広く、秋の空気は冷房なしで走りたくなる。
天高く馬肥ゆる秋、なんて古い言葉も思い出してしまう。
仕事でなければ訪れる可能性も低いが、仕事でなければ
どこまでもドライブしてしまいそうな、そんな心地良さ。

空港で同行者をピックアップした後は、
時間が残り少ないので急ぎ気味に走る
高速道路は無料になっていたが対面で、
要するに信号のない高架道路なワケで、
一般道でも信号が少ないから今ひとつ
違いが分かりにくいような気がしたり。

訪問先で話をしているウチに外では雲が広がり始めてた。
午前中の晴れ間は、実は割と貴重だったのかもしれない。

--
仕事を済ませた後は宿に戻って連泊。
フライトが確保できていれば帰れた
のだけれどもハイシーズンの北海道、
夕方以降の航空便はことごとく満席。
どうせ何処ででも仕事できる荷物を
担いできてるので、宿で仕事をする。

しかも翌日の特急の予約も難しかった。
レンタカーを借りる前に手配しようと
したものの10時台の列車は満席であり、
1本前の9時台で出発するコトになった。

8月も終わったとはいえ夏の北海道は人気の旅行先だから、
まあ致し方ないのかもしれないが出張先としては大変だ。

|

« 出張旅行記(35.3) 南奔北走、中盤戦 | トップページ | 出張旅行記(35.9) 南奔北走、帰途 »