« 自称逸般塵の不通の日記(192.168.0.1) 天高く懐肥ゆる秋になるといい | トップページ | 出張旅行記(36.3) 10時間の旅程の前半の北海道の景観 »

2010.09.17

出張旅行記(36) 電波の至る處に出張あり

20100917_20100916861s


帯広から戻って一息ついたと思ったら、
翌週に今夏3度目の北海道。今度は札幌。

羽田-新千歳の空路は本数が多いのだけれども、
しかし相変わらず満席の便が多くて選択肢は限られる。

朝イチからの仕事なので始発便なら間に合うはずではあるものの、
余裕を持って動きたいので一泊するコトにしたのだけれど……、

なんとまあ、札幌の宿は空室がほとんどなかったのだった。
今回は千歳の駅前に小さな旅館を見つけて、落ち着いた。

時間がないので夜の街をブラつくようなコトはせず
旅館の向かいにあった居酒屋で夕食にしたが、

内地の感覚では注文しすぎて腹一杯。
満腹しすぎて眠くなってしまう。

だけど畳部屋に木の座椅子、
なんて姿も気楽なもので。

設備は自前のがある。
たまにはいい。

冷房もなく窓を開けて扇風機を使うだけの環境だが、
そのあたりは今の自宅の作業環境と何ら違いはない。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(192.168.0.1) 天高く懐肥ゆる秋になるといい | トップページ | 出張旅行記(36.3) 10時間の旅程の前半の北海道の景観 »