« 道を知るべきコトバ(17) 約束された道 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(59) 同じ阿呆なら一緒に踊りませんか »

2010/09/01

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(58) 人間至る処災いあり

20100901_img_0770s


ヒトというのは、何かにつけて損だ害だ悪だ災いだ嫌だ厭だと嘆く。
そんなの死ねばきっと一切感じなくなるだろうとは思いつつもなお
得して楽して愉しく幸せに正しく好きなコトして生きていたいと願い、
そのために嘆く。そして将来に不安をばかり感じて生き続けている。

どうせ生物は死ぬまでしか生きていられない不安定な存在だから、
定めて不安にあると思えば、いいのではないかと思うがそれも困難。
せめて先が知れぬコトを以て楽しみとするのが、せいぜいのトコロ。

|

« 道を知るべきコトバ(17) 約束された道 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(59) 同じ阿呆なら一緒に踊りませんか »