« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(61) 「一瞬の光陰でも軽んずべからず?」 | トップページ | 出張旅行記(38) 未踏破の地にて »

2010.10.13

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(62) 「成らぬはヒトの為せぬ」故ならざりや?

20101013_20100902844s


特別な一瞬だけでなく日常の瞬間も大切に
したいとはいえヒトの能力の限界もあって、
瞬間瞬間を常に意識して生きるのも難しい。

たった一つに頼るのはリスクが大きすぎ。
しかしあまり多くに頼るのもワガママだ。
完全なんてないものだから不完全なりに。

完璧にできぬからといって嘆かぬように。
できるワケがないんだと思えば気楽だよ。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(61) 「一瞬の光陰でも軽んずべからず?」 | トップページ | 出張旅行記(38) 未踏破の地にて »