« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(60) 「先立つ後悔」 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(202) event-driven days »

2010.10.09

理系用語で読み解く社会(68) load-unbalanced

20101009_img_2512_1s


「日本の企業において会議の参加者が
非常に多いのは責任を分散するためだ」
といった指摘を最近どこかで見たけど、
分散されていれば耐障害性も高いはず、
そして負荷分散の観点でいえば母数が
多い方がノードあたりの負荷上昇分も
小さく抑えられるのでこれまた有利だ。

それはそれで安心感は絶大なものだよ。
ただし各ノードが(コストはともかく)
全く同じ働きができるリソースを備え、
かつ常にアクティブを維持していれば。

実際しばしば古くなった組織では殆ど
のノードがパッシブになっているので、
そのコトが弊害をもたらしているのだ、
というふうに考えるコトができそうだ。
コイツは単純に管理上の問題であって、
各ノードのバージョンアップをした際
などにノード間の連携を確認しないで
運用し続けていたなどの理由があろう。

あるいはレガシーの問題もあるはずだ。
バージョンの古いノードが含まれると、
新しいノードでも互換性維持のために
パフォーマンスを発揮できなかったり、
フェイルオーバー時にもトラブったり
しやすくなるし管理効率も上がらない。

そういった問題の方が重大ではないか。
責任の分散そのものが悪いというより。

この管理コスト、誰か試算しないかね。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(60) 「先立つ後悔」 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(202) event-driven days »