« 下つ月 | トップページ | 旅の友、新たに »

2010.11.02

自称逸般塵の不通の日記(212) 当たり障りのない天候の話題

20101102_img_4933_1s


台風一過なのに強い雨が降った後の一日。
自宅で徹夜仕事をして昼頃に寝落ちして、
3時間ほどで目覚めて再び3時間ほど仕事、
そして所用を片付けるため取引先を訪問。

帰りの電車内では妙に蒸し蒸ししていて、
寝不足で動き回った身体が熱を持て余し、
冬支度ばかりの中で一人だけワイシャツ。

帰宅しても雑用をしていて深夜になって、
ふとベランダを見れば目隠しガラスに露。

雨が続いたので地表付近の湿度は飽和か。

見上げれば星々が明瞭に見えるほどの空。

夜明け前にはどれだけ気温が下がるのか。
あるいは霧が町中を覆うかもしれないな。

でもきっとそれを見るコトなく寝ている。
仕事の予定より早めだが夜明けより少し
遅めに起きて動き出すつもりでいるから。

当面は晴れ間が続くとの予報だったので
目覚める頃には気温も上がってくるはず。
これから晴れれば晴れるほど寒暖の差が
激しくなる時季を迎えるというワケだな。

|

« 下つ月 | トップページ | 旅の友、新たに »