« 佐渡汽行(5) 遅蒔きながら遠巻きしながら | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(218) 先日の「呟き」より »

2010/11/24

佐渡汽行(6) 帰途は上衣を脱ぎ捨てて

20101124_img_5439_1s


コートを着ていたのは初日の朝から昼過ぎまで、
フェリーを降りてレンタカーに乗るまでだった。

宿を出る頃には陽が昇っていて暖かかったから、
東京にいるのと同じく薄手の背広だけで過ごす。

帰りの船内でも港から駅までのバスも新幹線も、
いずれも暖房の効いた中だったから不要だった。

最後は東京に戻って汗をかいてしまうワケだが。

|

« 佐渡汽行(5) 遅蒔きながら遠巻きしながら | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(218) 先日の「呟き」より »