« 佐渡汽行(1) 暑がり者の冬の旅 | トップページ | 佐渡汽行(3) 記憶が曖昧な道と記憶に残す景色 »

2010.11.20

佐渡汽行(2) 潮風の匂いが昔の記憶を思い出させる

20101120_dscf4610_1s


冬の日本海というのは「深み」というより「凄み」を感じさせる青色。

船の上から水平線に架かる雲を眺めていると目が良くなった気がする。
あまりに遠くまで見えるものだから実は島影が見えだしてからが長い。

3~4層目のデッキでも船体で砕かれた波頭が北風で運ばれてくるのか、
しばらく風に当たっていると手がベタついてくるのを懐かしく感じる。

こんな感覚も実に久し振りだ。少なくとも5~6年は訪れていなかった。
一つひとつモノゴトを思い出しながら徐々に記憶の核心に迫っていく。

陽の当たる海面から、凄みのある青色の、普段は見ない記憶の底へと。

|

« 佐渡汽行(1) 暑がり者の冬の旅 | トップページ | 佐渡汽行(3) 記憶が曖昧な道と記憶に残す景色 »