« 捨壊資本 | トップページ | 出張旅行記(41) なんとなくリニアが完成する前には試したいコト »

2010/12/10

自称逸般塵の不通の日記(222) 時間欠乏症が不注意を招く

20101210_img_5709_1s


財布を忘れて家から飛び出して外仕事に向かっていたのだと、
気付いたのは自宅近くでバスに乗り込んで座席に着いた直後。

とはいえアポイント先に行って帰るだけであれば携帯電話の
ICカードにチャージされた分だけで何の支障もないワケだし
ついでに駅の立ち食い蕎麦を啜ったり缶コーヒーを買うなど
造作もないのだから全く普段通りに出掛けていたのであった。

気になったのはポケットがスースーして落ち着かない感覚と、
幸いにして自宅だったとはいえ再び財布を忘れてきた事実か。
納期の年末調整により一部の案件は非常に厳しい日程となり
さらに不注意が重なってしまうのではないかという点は不安。

ようやく色付いてきた紅葉も落ち着いて楽しんでいられない。
あの葉が散り尽くした頃に暇になったりするのかもしれない。

|

« 捨壊資本 | トップページ | 出張旅行記(41) なんとなくリニアが完成する前には試したいコト »