« 星が流れなくても雲は流れていたじゃないか | トップページ | 一つ増えた軸 »

2010.12.17

自称逸般塵の不通の日記(225) どうせ予定は詰まっているので

20101217_dscf4950_1s


隣駅の駅前だった行きつけの居酒屋が気付けば移転していて
最寄り駅の反対側で営業を再開したコトは良いのか悪いのか。

半年ほど続いた多忙さの総仕上げか何かのように輪を掛けて
慌ただしい日々が続いている師走の合間に近所の友達と二人、
冷やかしで一杯飲ろうかと海胆をアテに燗酒を啜ってみれば
気付くと3杯4杯となっていて気分良く暖まっての帰宅に相成。

早めに寝て早めに起きて仕事をするつもりが寝入ってしまい、
目覚めても作業は遅々として進まず呻吟してたりするものの、
それはそれで楽しい時間を過ごして元気になったので良しと。

|

« 星が流れなくても雲は流れていたじゃないか | トップページ | 一つ増えた軸 »