« 出張旅行記(41) なんとなくリニアが完成する前には試したいコト | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(223) 溶けて崩れようとする足許を持続的に固め続ける »

2010/12/12

所持品紹介(29) とても大きいつづらと、それよりは少し小さいつづら

20101212_dscf4841_1s


何年も使ってきた旅行鞄は、先の旅行で詰め込みすぎたのが
経年ダメージに拍車を掛けたらしくて、縫い目が解れるなど
危険な状態となっていたので、新たな旅行鞄を調達してきた。

今回は大と小を1つずつ、というか「大と中」を1つずつかな、
大きいヤツはキャスターつき、泊まりがけ用の旅行鞄として、
中くらいのは日帰りで済む仕事道具用に、それぞれ用意した。

中に詰め込んでも、そして外からの衝撃や圧力にも負けない、
樹脂製のハードケース。もちろん大きく重たくゴツいヤツで、
その割には荷物が入らないもんだから、少し不便ではあるが。

いずれにせよ道具が多くなりがちな仕事に、これで対応する。
拡張できない器であれば、それに合わせて中身を考えたりも
するコトになるから、道具の取捨選択は進むというワケだな。

|

« 出張旅行記(41) なんとなくリニアが完成する前には試したいコト | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(223) 溶けて崩れようとする足許を持続的に固め続ける »