« 自称逸般塵の不通の日記(235) たまには歩行者乗用車 | トップページ | 冬の武州鉢形城址 »

2011.01.17

オロオロしたって始まらないけど終わるワケでもない

20110117_dscf5215_1s


蝋梅を観に来たのは数年降り。
まだ開花は少なかったものの、
それも見越して持参した魚眼。
手を伸ばしノーファインダー。

三脚を構える人も幾らかいて、
映り込んだりしたのを除くと、
使うカットは自ずから決まる。

迷ったり惑ったりしてたって、
実は別にどうというコトなく、
条件を絞り込めば残ってくる、
そんなもんだと思えてしまう。

四十にして惑わずなんて言葉、
人生の一面を示したに過ぎぬ。
迷っちゃいるのよ、内面では。
ただそう見えなくなるだけさ。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(235) たまには歩行者乗用車 | トップページ | 冬の武州鉢形城址 »