« 枯れ木に芽吹く季節を待ちつつ | トップページ | 夜と朝の狭間の谷間へ »

2011/02/05

自称逸般塵の不通の日記(240) 少し冷え込む場所へ向かうときに

20110205_dscf5414_1s


寒さに備えた服装で移動していたら
電車内で暑くなって眠くなってきた

あまり暖房の効いたトコロにいると
衣服の中に熱が籠もり上せてしまう

上衣を脱いだくらいでは足りないし
袖を捲ったり襟元のボタンを外して
それでもなおボーッとしてしまって
早く着かないかと思いつつウトウト

やはり都会は人が多すぎるのか暑い
ちょっと寒いくらいが望ましいのに
などと思いながら目的地へと向かう

|

« 枯れ木に芽吹く季節を待ちつつ | トップページ | 夜と朝の狭間の谷間へ »