« 自称逸般塵の不通の日記(242) 低温多湿な平日 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(243) ハウス物の雪片? »

2011.02.11

暗箱に針穴(33) 適材不適所?

20110211_img_6224_1s


手ブレ補正つき100/2.8マクロを購入してから早くも3カ月が過ぎたのだけど、
散歩写真には向いていないのか使いこなせていないような気がしてならない。
ボディ側がフルサイズでなく画角1.6倍で160mm相当なのが問題なのだろうか。
とはいっても前に使っていた90mmでは使えていたように思うので気分の問題、
そう思うようにしてレンズ1本ボディ1台だけで散歩に出たりしているけれど、
ここ最近の収穫を振り返ってみると路地物ばかりが目立っていて非常に残念。
他にはブツ撮りしたハウス物が多いのは当然というか予想通りというべきか。

それでもシチュエーションに合わないとされる画角を使いこなしたいという、
ワガママなのか反発心なのか何かが働いているようなので懲りずに持ち歩く。
そんなトコロはきっとまだまだ若いのだろうと自画自賛してみたりする中年。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(242) 低温多湿な平日 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(243) ハウス物の雪片? »