« 道を知るべきコトバ(30) 水の上を往く者の道 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(247) 土埃空高き冬の空地 »

2011/03/06

自称逸般塵の不通の日記(246) 雨と歩けば

20110306_img_6222_1s


自宅付近、それこそ1kmだの0.5kmだのという
近所の範囲でも実は見知らぬ道など沢山ある

曇や雨や雪の空で方向を見失いやすいときに
ふと歩いてみると非日常を楽しめたりもする

そのせいか最近は雨が降ると散歩したくなり
フラフラと傘を差して家を離れてしまうのだ

冬と春が交錯する今の時季こそ雨は心地好い

|

« 道を知るべきコトバ(30) 水の上を往く者の道 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(247) 土埃空高き冬の空地 »