« 内的要因と外的要因 | トップページ | 道を知るべきコトバ(37) 雪の降る道 »

2011/03/27

自称逸般塵の不通の日記(250) furlong per 15days

20110327_img_3291sqs


今は亡き人の癖がうつって、
ときたま爪の表面を撫でて、
スベスベした感触を楽しむ。

微妙な窪みがあると気付く。
伸びが弱ったのかもしれん、
精神的なストレスか何かで。

一応は平時に近い生活だが、
あまり落ち着かぬのも事実。
慣れすぎて忘れていたのか。

そろそろ平常運転に戻ろう。
残っている仕事を片付けて、
新しい仕事を作り出すのだ。

週が明けたら再始動するか。
間もなく桜も咲き始める頃。

|

« 内的要因と外的要因 | トップページ | 道を知るべきコトバ(37) 雪の降る道 »