« 道を知るべきコトバ(35) 枯れた鉄の道 | トップページ | 理系用語で読み解く社会(70) 低信頼性ノード多数により構成されるスケールアウト&耐障害クラスタについての考察 »

2011/03/20

道を知るべきコトバ(36) 液体か気体しか通せないパイプの道

20110320_img_2986_1s


怒り悲しみ喜び或いは恐怖感だとか不安感といった感情は、
ヒトからヒトへと容易に伝わってヒト集団内で拡大しがち。

ところが情報ときたら感情ほど感染性が高くないというか、
それこそパイプラインを通れない固体のようなものだから、
手渡しするかのような別の経路で時間をかける以外にない。

しかも被災時はパイプラインの破損で感情が漏れたりして、
情報を手渡しできる範囲を大幅に超えた領域にまで波及し、
かなりの広域に二次災害を拡散させかねないあたりが問題。

伝達経路の確認も復旧作業を進める上で重要なものであり、
安全が確認されるまで迂闊な感情を流せないというワケだ。

|

« 道を知るべきコトバ(35) 枯れた鉄の道 | トップページ | 理系用語で読み解く社会(70) 低信頼性ノード多数により構成されるスケールアウト&耐障害クラスタについての考察 »